病院の待ち合い室でなにが!?そして最後に待つものは?

病院

数年前ですが、病気で倒れ(バタンと倒れた訳ではない)、入院してしまいました。病気は回復し、今は一年に一度健康診断も兼ねて病院を訪れています。大学病院ではないですが、割合い大きな総合病院、所謂「拠点病院」に分類されるでしょうか。まずCT撮影や血液を採取を行ない、2週間後に結果を聞きに行く、というスケジュールです。

前半は順調に行き、検査結果を聞きに病院に行き対象科の待ち合いで順番を待っていました。予約時間になりましたが、私の番号は呼ばれません。いえ、これはいつものこと、焦れながらも「仕様がない…」と思っていると、数メートル距離のところが何だか騒がしいくなっています。「何だ?」とそちらを見ると患者が一人、倒れているではないですか!

数瞬あとに少し奥まった受付のスタッフが気づき「・・・します!」と大きな声をかけます(よく聞こえなかった)。その1~2分後でしょうか?わらわらと医師、看護師が集まってきます。中には帰る寸前だったのか、私服姿の人も!制服もいろいろで、見慣れた白色から鮮やかな青色、形も様々です。

それを見ながら心の中で「おお!」と言い、なんだか、感動した自分に驚いてました。結局数人を残して解散し、各々の部署に戻っていった訳ですが、当然文句を言う医師、看護師などいません。倒れた患者はストレッチャーに載せられ、別の場所に移動して行きましたが、意識はあるみたいでちょっと安心です。

待ち合い室は説明し難い余韻に浸っており、この病院の医師や看護師、他のスタッフの真剣さを目の当たりにしました。この余韻は、何と言うか、ちょっと違うかもですが、映画館で映画を見終わった後に鑑賞した人間全員が共感しあう感覚に近いです。単なる錯覚と言われればそれまでですが…。

実は何ヵ所かの病院に通院してますが(それぞれ違う病気(泣))、ここの病院が最も好感度高く、更に更新いたしました。気分も良くなり、時間待ちの不快感も吹き飛び「帰りに美味しいもの食べていこう」と決心したところで私の番号を呼び出しされ、診察室に入ります。

最近絶好調ではないにしても調子は悪くなく、早く終われ、としか考えてませんでした。「入院です」晴天の霹靂、どうやら体内で若干量の出血があったようで、入院ラインぎりぎりでしたが、病歴もあるし念のための処置。ぼそっと、「サンドイッチ」と口走ったようで(記憶なし)、「一応だし、すぐ退院できるだろうからそれから食べなさい」と優しいお言葉。あ、ちなみに既に退院します。帰りに病院のカフェでサンドイッチを買って帰りました。有言実行です。

友達に刺激されて小説書いてみようとしたけれど、簡単ではなかった

小節

自分で小説を書いてる友達に刺激されて、私も小説を書いてみようかな……なんて思ってみました。本はよく読んでる方だと思うし、まあヘタクソなりにできないことはないかなと思って、パソコンでWord開いてみたんですよ。

あれ? 何も浮かばないw

自分の経験を元に恋愛小説でも書いてみるつもりだったんですけど。何というか、こう……頭の中で、ああなってこうなって、結末はこうで……みたいなことはぼんやり出てくるのですが、それを文章にしようと思うと、全然ダメでした。

はぁ~。意外と難しいんですね。こうやってブログを書くのとは違う文章の技術や、アイデアの引き出しみたいなのが必要なんだなっていうのが、よくわかりました。

そんなわけで、その友達に書くためのコツを聞いてみました。「そりゃ作品を一つでも多く完成させることじゃね?」「なかなか上達しない人の特徴として、設定だけたくさん作って、肝心の小説をラストまで書き上げるに至らないことだって聞いたことある」だそうで……。やっぱり経験がものを言うってヤツなのかな? と思いました。

ちなみに友達は、これまでに30本ほどの小説を完成させているそうです。まあ、未完成で終わってしまっているものも、同じくらいあるそうですけど。それは最初のネタ作りが甘かったから、また設定を練り直して挑戦すると言っていました。

友達の小説、なかなか面白かったんですよね。そんな友達でも、小説コンクールでは一次予選を通過した程度が最高の成績だっていうんですから、プロ作家が「売れる作品を書く人」になれるまでの努力は、本当にすごいんだというのがよくわかりました。

いつも読んでる本、もっとしっかり味わって読むようにしようと思いました。せっかくだから、今度好きな作家先生に感想の手紙でも送ってみようと思います。ファンレターとか恥ずかしくて今まで書いたことなかったんですが、こういうのも、作家さんにとっては励みになるんですよね?

……そうそう。友達の小説、もうすぐ次の作品ができあがるそうで。締め切りまでに余裕があるから、コンクールに出す前に添削がてら読んでほしいとお願いされてしまいました(汗)

ただ、読書はよくするとは言っても、さすがに添削するつもりで読んだことはないので役に立てるかわからないですし、「忌憚なき意見をよろしく!」とのことなので、うまく感想というか意見?を伝えられるか、少し緊張しています。もちろん、楽しみではありますけどね!

散々迷いましたが、事情もあって結局同じスマホを購入しました。

スマホ

スマホにしてから2年半程経過しました。主人はアイフォンで私はアンドロイドです。2年程度が寿命だと言われていましたが、2年を越し、上手に使っていればもっと持つのではないかと思っていました。

それから半年が過ぎた頃に充電をあまりしなくなったのです。バッテリーと言うよりは充電器にコネクターを繋ぐ場所の接触不良に感じています。ある晩、充電をして寝たつもりだったのですが、翌朝になると電池の所は赤くなりもう1%を切っている状態でした。慌てて充電しましたが、ちょっとした角度で充電をしてくれないのです。

手で押さえながら、充電をしました。それから二週間程でどんな充電器でも充電出来なくなってしまいました。不具合が発覚して二週間で御臨終となりました。今ではどんな角度にしてもうんともすんとも言いません。写真は予め、セットしておいたSDカードに記録される様にしています。

以前、急にタブレットが故障しててんてこ舞いになった事から、全てのアプリのIDとパスワードも控えているので、再度ログインの心配等はありません。ただ、今こうして生活している間も仕事のラインが入っているかもしれないし、それを確認する術もないと言う状況です。

本当なら、休みの日に家電量販店で色々みて新しいスマホを購入したいと考えていたのですが、休み前にどうしても連絡を取らないといけない人がいるので、直ぐに購入する事にしました。格安スマホを保有しているのですが、そもそもどこで何を購入して良いのかも分かりません。キャリアみたいに店舗もそんなに無いので相談も出来ません。相談する時間も惜しいと言う感じです。

ネットで検索すると私の契約している会社はドコモの回線を利用しているみたいで、ドコモのスマホでSIMフリーでないといけないみたいです。しかも、SIMカードのサイズもあります。出来れば折角購入するのですから、新しくて違うスマホを保有したいなと思っていました。

ただ、一番は価格です。取り合えず連絡を取れればいいと考えているので、そんなに高価な物ではなくていいと思っています。値段重視で価格ドットコムと楽天市場で探しました。安い物だと6000円程度であります。しかし、聞いた事も無い様な会社のスマホなのです。きっと外国の製品だと思います。

海外の物でも良い物はあります。知り合いに三社程安心できる会社名を教えてもらいました。それらで検索するとやっぱり自分が持っている、しかも同じ機種が安くて安心だったのです。結局、今まで使用していたスマホの色違いを買う事になりました。次故障する時は事前に色々物色して買いたいなと思います。

春先の雪国はとてもきたない、来るなら2月辺りが最適です。

春

もうすっかり春ですね道端にはフキノトウがチラホラ見えるようになってきました。雪もすっかり解け今冬は春が早く屋根にも道にも雪がなくなってきました。2月の後半あたりから全然雪が降らなくなり晴天続きでした。

雪かきという名の強制労働からも解放され余計に早起きする心配もなくなりました。それはとて喜ばしい事なのですが、春先というとホコリっぽくもなり花粉症なども出てくる季節です。

私は花粉症ではありませんが、スーパーなどに行くと至る所でくしゃみの声がしたり鼻をすする音がしたり・・・。季節柄仕方ないのですが、そういう人に限ってマスクをしていない事が多いと思うのは私だけでしょうか。

最近は年中マスクをしている人も見かけますが、にも関わらずこないだまでインフルエンザが流行ってました。これだけ日本でマスクが普及しているのにインフルが流行るというのもなんだか不思議です。

話がそれましたが北国の今の時期は言いたくありませんが道が汚いです。道にはまだまだ雪が残っており、それが今では真っ黒になって汚いのです。雪自体が吸着効果や断熱効果があるので道路上の排気ガスを取り込んでしまうため黒くなります。

また雪が解けてゆくと大量の小石とゴミが出てきます。小石は雪の核となったものから除雪の際にえぐられたであろうアスファルトの破片などです。ゴミは文字通りモラルのない不届き者の仕業で雪で隠れるのをいい事にそいうことする人がいます。

とても残念なことに冬場はこいう事が多いです。そんなわけで今頃からゴールデンウィークあたりまでかかって道が綺麗になります。といっても通りによって、その程度も変わってくるのですが幹線道路になると行政でやっています。長年雪国には住んでいますが、その辺の実態は調べないと分かりません。

雪が降らない・少ない地域からしたらもっとメルヘンチックで綺麗なものかもしれません。実際はこんなもんで雪は邪魔者でしかなく白い悪魔とも言われるくらいです。あの結晶の状態ならばいざ知らず、固まり変異し氷化し終いには居座ります。雪の圧力は馬鹿にできません1立方メートルで100kgといわれています。

そんなものが屋根に乗っかる時期があるんです雪下ろししないとマズイですよね。なので雪国の屋根はトタンガほとんどで瓦屋根なんてまずありません。また話がそれましたが今の時期は本当に汚いし埃っぽいです。雪国へ来るのなら1月~2月頃をおすすめします。

一番寒い時期でもありますが雪祭りもこの時期に集中しています。もっともそのタイミングで来る方がほとんどだと思いますけど。雪国にクリーンなイメージを持っているなら今は来ないでください!!雰囲気ぶち壊しになってまうかも知れませんから。

骨折よりもその後の拘縮が中々良くならない。でも負けない日々のブログ

骨折

去年の年末,、少し重い物を押しただけで、右手の人差し指が伸びたまま動かなくなってしまいました。幸い午前中だったので、その不自由な手のまま、車を運転して整形外科に行きました。するとロッキングフィンガーという、本来出てなくていい骨に腱が引っかかって戻らないという、珍しい怪我をしたというのです。

整復してもらったて真っすぐなのは改善できたのですが、1週間添木をして動かせない状態になり、別な先生に診てもらってというので、大学の先生を紹介してもらいました。すると骨折しているからというので、1か月後に手術となりました。なんでも整復してもらった時に引っかかった骨が折れた状態になったというのです。

その骨を取らない限り痛いままだというので手術しました。10日後抜糸をして、動かすようにと言われましたが中々良くなりません。不安になっていたら、骨折したことがある人は大体3か月位経つと前と同じ状態になっているというのを経験者の何人かから聞いたので、少し安心しました。

手術して1か月経ってから始めてリハビリが始まりました。少し右の人差し指が曲がるようになったのですが、腫れが酷くて、1か月単位で見ても、少しずつしか良くならず、本当に治るのか心配しました。手術してまもなく3か月が過ぎようとしていますが、最近やっと腫れも引けてきましたが、あまり変わっていません。

寝て起きるといきなり指が以前と同じように動いているという夢を何度も見ました。また、もしかしたら私の何かの勘違いで、指が前と同じに動くようになっているんじゃないかと何度も妄想したことがあります。でも夢から覚めても妄想を終えても変わらなくて、心無い人は、もう治らないんじゃないのと言う人もいます。

そんな時は私もしかしたら治らないのかも…と思ってしまいますが、少しでも動いているので違う、絶対良くなるんだと思っています。実際取ってもらった骨は子供の乳歯みたいな小ささで、縫ってもらったのも3針しかありませんが、動かさなかった日が多くあったので、拘縮してしまったのでしょう。

仕事も大変な所を免除してもらっていて、周りの人にたくさん助けてもらっています。リハビリや自分でも少しずつ動かすように日々頑張っているので、自分に負けないようにと思い今回ブログに書きました。同じような怪我や骨折をした人がこのブログを見て、私も頑張ろうと思ってくれたら幸いです。私も他の人が良くなってるブログを見て励まされたので。皆さん頑張りましょうね。

嫁って立場弱いよね…旦那が頼りなかったらしんどいですよね

姑

世の中には、色々な嫁姑問題があふれています。きっと、世の男性諸君の力量や頼りがいでなんとか乗り越えて行けるんだと思います。私の場合…そんなの通り越して、無になっていますがね。我が家の姑さん、世話好きでしゃばり姑さんなんです。息子(旦那)が心配なんでしょうけど。結婚したばかりのとき、何かあったら時の為に合鍵を作るからカギ貸してと言って来たんです。

私も、まだ何も意見できず、しかも、何かあったらだもんなと合鍵を渡してしまったんです。私の常識とは違ったようで、子どもが生まれてやっと寝かしつけたと思い雑誌を読んでいると…気配がして、なんと目の前に立っていたんです。姑が。ホラーですよ。我が家に、人が、いるって。

すぐに旦那に言いましたがのらりくらり。数年も、この上体が続くとは思わずでした。カギを開けて入ってくるので私の休む暇がない。心配だから来てるんだと言う旦那だったんです。心配だったら、相手の事考えられたらアポなししないですよね。しかも、急に来ておきながら子どもと昼寝してると、カーテン開けてきて「なんで、こんな時間にねてるのよ!!」意味が、わかりません。

しまいには、お昼ご飯食べてる時にきて、その日はクリームペンネ。「ママは、いやでちゅね?。こんなの食べさせないでって言えないでちゅもんね?」はぁ。しかも、赤ちゃん言葉…。最悪ですよ。私に言わせたら「ばあばはいやでちゅね?。カギを開けて急に入ってきて、嫌味しか言わないでちゅもんね?」って感じです。

まあ言えないけど。やりたい放題の姑さんは、私が買い物に出かけてるあいだにやってきた時は、洗濯物を干しかえたり、模様替えしたり。どう思いますか?結局、鬱になり病院行きになりました。ここでやっと合鍵返してもらいに行った旦那。仕方なく感ありありでした。ETCカード作っておいたので高速道路ですぐに移動できました。

バイク用のおすすめETCカードです

その後も、結局何があってものらりくらりの旦那くん。頼りなさから、喧嘩にもなりましたが、逆ギレの繰り返しでした。人間、喧嘩してるあいだはまだいいんです。相手に期待しているんですから。私…すべて諦めました。旦那と旦那家族に無になる事にしたんです。生きてるのに無にるんです。

ムカつかないしかなり楽ですよ。正月も行かなければ、電話も出ない。何も話さないんです。私が、苦しんで苦しんで、最終的に身につけた自己防衛作です。世の中の頼りない旦那さん、嫁が何も言わなくなったら終わりですよ。もっとしっかりしないとだめでしょう。

今は、以前と違って飲みやすい日本酒がたくさんあるんですね。

日本酒

日本酒は男性(おじさま)のものというイメージがあったのは、かなり前のことですね。店頭を見ても、スタイリッシュなデザインやシンプルでおしゃれなデザインのボトルの日本酒が並んでいます。男性だけではなく、女性や、若い世代の人にも受け入れられる日本酒をつくろうという酒造メーカーの意気込みが伝わってくるようです。

先日、友人から1本の日本酒をいただきました。ブルーのボトルが美しい北雪(ほくせつ)酒造の「大吟醸YK35」です。北摂酒造が新潟県佐渡市にある酒造会社であることは知っていましたが、実際に飲んだことはありませんでした。

小さめにワイングラスに少し入れて香りをかいでみると・・・日本酒とは思えない、華やかでフルーティーな香り!最後に少し日本酒の香りがするのですが、やわらかで、華やかで・・・「これが日本酒!?」と思うくらいでした。

ちょっとした衝撃を受けました。少し飲んでみると、のどを通る時は、やっぱり日本酒。とてもやわらかでふくよかな感じ。女性や、まだ日本酒を試したことのない人でも、飲みやすく、美味しいと感じるのではないでしょうか。いろいろと調べてみると、「大吟醸YK35」は、3つの賞をとるほどのずばらしい日本酒でした。

●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014 大吟醸部門 最高金賞受賞
●全米日本酒鑑評会2013 大吟醸A(精米歩合40%以下)金賞受賞
●インターナショナル・サケ・チャレンジ2013 カテゴリー大吟醸・吟醸 トロフィー受賞

美味しいわけですね。

精米歩合(麹米/掛米):山田錦(35%)/山田錦(35%)で、酒米として有名な山田錦を35%まで磨き、低温熟成発酵でつくりあげたものだそうです。

次に飲んでみたいと思ったのが、北雪酒造の「大吟醸 NOBU」。こちらは、佐渡産越淡麗を40%まで磨き上げてつくられた大吟醸酒で、やわらかな口当たりと、フレッシュなメロンや花の香りが特徴とありました。すごく美味しそうです。

この北雪酒造のつくる日本酒は、あるレストランを中心に海外でも人気があるとのこと。それが、世界中のセレブを魅了するレストラン「NOBU」。オーナーであるノブ・マツヒサ氏との出会いにより、レストラン内には北雪酒造でつくられた日本酒が並んでいるそうです。

そして、ノブ・マツヒサ氏と「Nobu New York」を共同経営しているのが、あの有名な俳優ロバート・デ・ニーロ氏。日本酒通として知られる ロバート・デ・ニーロ氏は、実際に佐渡の北雪酒造に来たことがあるそうです!あのロバート・デ・ニーロ氏をファンにするなんて、北雪酒造はすごいですね。次に飲むのがとても楽しみです。でも、お金がないならお酒はやめることですね。