骨折よりもその後の拘縮が中々良くならない。でも負けない日々のブログ

骨折

去年の年末,、少し重い物を押しただけで、右手の人差し指が伸びたまま動かなくなってしまいました。幸い午前中だったので、その不自由な手のまま、車を運転して整形外科に行きました。するとロッキングフィンガーという、本来出てなくていい骨に腱が引っかかって戻らないという、珍しい怪我をしたというのです。

整復してもらったて真っすぐなのは改善できたのですが、1週間添木をして動かせない状態になり、別な先生に診てもらってというので、大学の先生を紹介してもらいました。すると骨折しているからというので、1か月後に手術となりました。なんでも整復してもらった時に引っかかった骨が折れた状態になったというのです。

その骨を取らない限り痛いままだというので手術しました。10日後抜糸をして、動かすようにと言われましたが中々良くなりません。不安になっていたら、骨折したことがある人は大体3か月位経つと前と同じ状態になっているというのを経験者の何人かから聞いたので、少し安心しました。

手術して1か月経ってから始めてリハビリが始まりました。少し右の人差し指が曲がるようになったのですが、腫れが酷くて、1か月単位で見ても、少しずつしか良くならず、本当に治るのか心配しました。手術してまもなく3か月が過ぎようとしていますが、最近やっと腫れも引けてきましたが、あまり変わっていません。

寝て起きるといきなり指が以前と同じように動いているという夢を何度も見ました。また、もしかしたら私の何かの勘違いで、指が前と同じに動くようになっているんじゃないかと何度も妄想したことがあります。でも夢から覚めても妄想を終えても変わらなくて、心無い人は、もう治らないんじゃないのと言う人もいます。

そんな時は私もしかしたら治らないのかも…と思ってしまいますが、少しでも動いているので違う、絶対良くなるんだと思っています。実際取ってもらった骨は子供の乳歯みたいな小ささで、縫ってもらったのも3針しかありませんが、動かさなかった日が多くあったので、拘縮してしまったのでしょう。

仕事も大変な所を免除してもらっていて、周りの人にたくさん助けてもらっています。リハビリや自分でも少しずつ動かすように日々頑張っているので、自分に負けないようにと思い今回ブログに書きました。同じような怪我や骨折をした人がこのブログを見て、私も頑張ろうと思ってくれたら幸いです。私も他の人が良くなってるブログを見て励まされたので。皆さん頑張りましょうね。