春先の雪国はとてもきたない、来るなら2月辺りが最適です。

春

もうすっかり春ですね道端にはフキノトウがチラホラ見えるようになってきました。雪もすっかり解け今冬は春が早く屋根にも道にも雪がなくなってきました。2月の後半あたりから全然雪が降らなくなり晴天続きでした。

雪かきという名の強制労働からも解放され余計に早起きする心配もなくなりました。それはとて喜ばしい事なのですが、春先というとホコリっぽくもなり花粉症なども出てくる季節です。

私は花粉症ではありませんが、スーパーなどに行くと至る所でくしゃみの声がしたり鼻をすする音がしたり・・・。季節柄仕方ないのですが、そういう人に限ってマスクをしていない事が多いと思うのは私だけでしょうか。

最近は年中マスクをしている人も見かけますが、にも関わらずこないだまでインフルエンザが流行ってました。これだけ日本でマスクが普及しているのにインフルが流行るというのもなんだか不思議です。

話がそれましたが北国の今の時期は言いたくありませんが道が汚いです。道にはまだまだ雪が残っており、それが今では真っ黒になって汚いのです。雪自体が吸着効果や断熱効果があるので道路上の排気ガスを取り込んでしまうため黒くなります。

また雪が解けてゆくと大量の小石とゴミが出てきます。小石は雪の核となったものから除雪の際にえぐられたであろうアスファルトの破片などです。ゴミは文字通りモラルのない不届き者の仕業で雪で隠れるのをいい事にそいうことする人がいます。

とても残念なことに冬場はこいう事が多いです。そんなわけで今頃からゴールデンウィークあたりまでかかって道が綺麗になります。といっても通りによって、その程度も変わってくるのですが幹線道路になると行政でやっています。長年雪国には住んでいますが、その辺の実態は調べないと分かりません。

雪が降らない・少ない地域からしたらもっとメルヘンチックで綺麗なものかもしれません。実際はこんなもんで雪は邪魔者でしかなく白い悪魔とも言われるくらいです。あの結晶の状態ならばいざ知らず、固まり変異し氷化し終いには居座ります。雪の圧力は馬鹿にできません1立方メートルで100kgといわれています。

そんなものが屋根に乗っかる時期があるんです雪下ろししないとマズイですよね。なので雪国の屋根はトタンガほとんどで瓦屋根なんてまずありません。また話がそれましたが今の時期は本当に汚いし埃っぽいです。雪国へ来るのなら1月~2月頃をおすすめします。

一番寒い時期でもありますが雪祭りもこの時期に集中しています。もっともそのタイミングで来る方がほとんどだと思いますけど。雪国にクリーンなイメージを持っているなら今は来ないでください!!雰囲気ぶち壊しになってまうかも知れませんから。